脱毛ブログを参考に自分にマッチした方法を探しましょう!

個人ブログで発信していた脱毛に関する情報

一般公募による脱毛にまつわるエピソード

それらをまとめました。

 

・これからちゃんと脱毛していきたい..
・どんな脱毛方法が良いか分からない..
・みんなどんな脱毛をしているんだろう..

 

そう考えている方に参考になるはずです。

 

そもそも脱毛って何?

脱毛といえば、サロンやクリニックなどをイメージする方も多いかもしれません。

 

しかし脱毛の本来の定義は、毛をなくす行為そのものを指すので、

・毛剃り
・毛抜き
・除毛テープ
・除毛剤
・除毛クリーム
・除毛ワックス
・脱毛器による照射

これら全てひっくるめて「脱毛」と呼びます。

脱毛のメリット・デメリットは?

ここで簡単にそれぞれのメリット・デメリットを記載します。
これからの脱毛にお役立て下さい。

 

毛剃り

メリット・デメリット

メリットとしては簡単に処理ができるという点です。シェーバーも安く手に入ります。ほとんどの人がシェーバーやカミソリによるシェービング。つまり毛剃りによる処理を行っているかと思います。

 

デメリットは、ほとんどの人が体験しているように、うまく剃れない時は刃によって傷をつけたり、その他赤みや炎症が起きる場合があります。

毛抜き メリット・デメリット

メリットとしては、ピンセットなどで一本一本確実に抜けるため、もみあげやひげ、眉毛などの細かい箇所の脱毛に向いています。あたりまえですが、ピンセットも安い料金で手に入ることも嬉しいポイントです。

 

デメリットは、痛い。肌への負担が大きい。埋没毛になりやすいという点です。痛い、肌への負担が大きいというのは毛抜きを続けている人は実感されているかと思います。しかし、細かい箇所の毛剃りが難しいために毛抜きと併用している女性・男性は多いかと思います。毛抜きを続けていくと、症状としてなりやすいのが「埋没毛」。毛穴が閉じているのに毛が生えてくるという現象です。人によって痛みも感じたりします。それだけでなく、抜いた時に毛穴も傷つけてしまい、炎症を起こし、化膿をするケースもよくあります。

除毛関連
(テープ、除毛剤、ワックス)
メリット・デメリット

メリットとしては毛剃りや毛抜きとは違う手軽さ、便利さがあります。テープで剥がすだけ、除毛剤・ワックスを塗るだけ、それだけで一時的にきれいになります。

 

デメリットとしては、肌への負担です。テープは粘着力による脱毛なので、かなりの負担をかけます。当然、一時的に赤みを帯びたりします。一時的ならよいのですが、一時的では済まない場合もあります。除毛剤やワックスはそもそも薬です。肌にとって負担がかかる成分で毛を溶かします。敏感肌やアトピーの方にはまずおすすめできません。

家庭用脱毛器 メリット・デメリット

メリットとしては好きなだけ脱毛ができるという点です。色んなタイプがありますが、カートリッジタイプだと、カートリッジさえ用意しておけばあまり料金を気にせず脱毛する事ができます。サロンやクリニックはエステティシャンや看護士が脱毛しますが、人に見せない分、恥ずかしい思いをせずに続けられます。

 

デメリットとしては、背中、えり足、もみあげなど、自分だけでは届かない、自分だけでは照射がしにくい箇所は人にお願いするしかないという点です。こればかりはどうしようもないデメリットですが、気にせず脱毛が続けられること、美顔器としても使用できる脱毛器も登場しているため、昨今は人気を博しています。

サロン メリット・デメリット

メリットとしては脱毛行為の中でも効果が高いという点です。毛剃り、毛抜き、除毛による脱毛は一時的なものですが、サロンで行う脱毛のほとんどは光脱毛です。光を肌に照射してメラニンに刺激を与えるため、続けていくことで毛が生えにくく、きれいな肌を目指せます。ちなみに、毛穴を引き締める効果もあるため、美容にも最適です。

 

デメリットとしては、有名なサロン、人気のサロンは予約が取りづらいという点です。せっかく申し込んだとしても、次の施術まで3ヶ月待ちという場合もあります。その点は、予約対策も行っているサロンもあるので、近くのサロンを調べてみてもよいかと思います。

クリニック
(皮膚科・美容外科などの医療機関)
メリット・デメリット

メリットとしては効果が高いという点です。レーザーによる脱毛方法を取り入れていて、早く毛が抜けやすいというメリットがあります。

 

デメリットとしては、レーザーのため痛みが強い、料金が高い、時間が少々かかるという点です。

おすすめの脱毛サロンについて

更新履歴